隠居の妄想窟

隠居がいろいろと妄想します。あくまで妄想なので信じないように。

血糖値を下げる=デブになる?

胚芽押麦やや効果が無くなったか?

胚芽押麦50%を食べ続けていますが、ここへきて体重減少が止まったような。

まあ、麺類の時などは胚芽押麦は食べないので・・・。

それにお腹が空くようになってきた。

 

もしかしたら、肝臓のグリコーゲン?が減ったのかもと思ったりして。

以前、胃がんで胃の一部切除をした時、1週間なにも食べなかったのに血糖値が200を超えていた。医者は肝臓からエネルギーが補給されているからと言った。

 

そう、インスリンで血糖値を下げると言うのは血液中の糖を細胞内へ格納するだけ。

それを使ってしまえば良いけど使わなければ脂肪になるだけ。

でも、心臓病の隠居は運動が出来ない。つまり血糖値を下げると太るだけ。この脂肪が今度は悪さをする。

 

胚芽押麦は食物繊維がたっぷり。詳しい事は分からないけどグリカゴンがどうたらこうたら。GLP-1がどうたらこうたら。なんとかインスリンを増やす薬を使わずに改善したいと。まあ、糖尿病の治療を拒否したので、もう薬も貰えませんが。www

 

今は心臓病でフォシーガを処方してもらっているので、これが頼りです。

この薬は血液中の糖を尿に強制排出する頼もしい薬です。

 

次のHba1cの測定は市の健康診断になると思うけど、その時が楽しみ。

ちなみに最後の測定値は9.5です。

もう入院しなければならないらしいけど。

 

医者は糖尿病悪化で体重が減少していると。

隠居は胚芽押麦で体の調子を整える作戦。

 

さて、結果はどうなるか。

入院すると保険が下りて儲かるんだけどね。www

これは最後の手段と言う事で。www