隠居の妄想窟

隠居がいろいろと妄想します。あくまで妄想なので信じないように。

【高市氏のエネルギー対策 日本に必要なのは誰か? その2】

高市氏の出馬会見で核融合発電の話がありました。

日本の産業を考えたとき、エネルギーの問題は大変重要です。

その点を考えると核融合は将来のエネルギーの中心になると思います。

ですが、まだ時間がかかる。

これではすぐに日本の産業を急発展させる事は出来ないでしょう。

もちろん、ソーラーや風力ではダメダメ。

何と言っても火力発電でしょう。燃料が容易に入手できる間は火力でいいでしょ。

石炭なら国産出来るのかな?

CO2は別の方法で対応すると言っておけば良いのです。日本の技術を結集してCO2を封じ込める!そう宣言すれば、世界は信用するでしょう。日本の技術神話はまだ有効です。所詮温暖化はハッタリなので、こちらもハッタリで対応しましょう。

そして、原子力も使えるものは注意深く使いましょう。もうあるんですから。

火力で凌いだ後は核融合。それで良いのでは?

必然的にここでCO2は終わります。

その前に温暖化がハッタリだったのが露見するでしょう。石油のしろ、石炭にしろ、天然ガスにしろ、元々は地球上にあったものですから、それが外に出ただけ。

 

重要なのは今すぐ、低価格で質の良い電力が安定して、豊富に使用できる事が産業の発展につながります。

そうすれば経団連も文句は言えないでしょう。と言うより応援されるかも。

 

ぜひ、詳しいロードマップを提示してほしい物です。

 

河野氏原発反対なので、はっきりとしたエネルギー政策は打ち出せないでしょう。

岸田氏は・・・?

何を考えているのでしょうかね?

事務方に言われるままでしょうか?

 

こんなのはどうでしょう?

面白そうですが。

説明欄にもありますが火力でセットにすると面白いかも。

 

www.youtube.com