隠居の妄想窟

隠居がいろいろと妄想します。あくまで妄想なので信じないように。

選挙はこのままだと意味がなくなる。

都議会選、とても悲しい結果になった。

もう少し、心ある人が当選するかと思ったけど。

あ、立候補してなかったのかな??

 

何しろ利権団体や宗教団体が組織力で選挙を進める。しかも、その他の人は選挙に行かない。これでは勝てるはずがない。一人や二人当選したぐらいでは状況は変わらない。

 

では、どうする?

 

圧倒的な力を持った人が強いリーダーとなり政党を作り皆を引っ張る?

いやいや、このスタイルは日本には適さない。

 

そこで考えたのが人ではなく言葉。

ゼロから言葉を考えたのでは絶対まとまらない。

そこで隠居が考えたのは「教育勅語 十二の徳目」

 

これを核にして補足を追加すれば良いのではと。

つまり教育勅語憲法、補足が法律。と言う感じで。

政党が公認するのではなく、立候補者が「言葉」遵守する事を宣言する形。

 

でもそれだけでは中身が無い。

地方の中小企業などが言葉を掲げ連携を宣言する。できればそれで何か地域のプラスになる事が出来れば良いのだが。個人は言葉を掲げ、旗日に日の丸を掲げるぐらいで良いかと。

とにかく、地方で緩い支援団体を組織する事が必要かと。

 

もう一つ、敵の支援団体の力を削ぐ事。

とりあえず不買しかないと思うが、味方のライバル企業を育てる事も大切。

 

まあ、簡単には出来ないと思うけど、嘆いているだけでは悪い方向へ引きずり込まれるだけである。

 

まずは行動を。

 

そうそう、教育勅語の「博愛」の「広くすべての人に」は「友だちに」に変更した方が良いね。悪用する人がいっぱいいるからね。www

 

www.meijijingu.or.jp