隠居の妄想窟

隠居がいろいろと妄想します。あくまで妄想なので信じないように。

やはり出発点からお話ししましょうか?

本当は勝手に妄想を書くためにここを始めたのですが、やっぱり読んでくれる人がいないと寂しいですからね。

でも、今、話題の事ばかり書いても仕方が無いので、やはり最初からお話ししましょう。

 

と言っても隠居は研究している訳でもないので、「そりゃ違うぞ!」と言う方はご自身でブログなりホームページで発信してください。隠居に言っても「はあ、そうですか」で終わりです。もう新しい事は頭に入りません。www

多くの人に現状を広めるのが目的。なので発信源が増える事は良い事と考えます。

 

さて、前置きはこの辺にして・・・。

 

現在の多くの問題を辿っていくと、マスコミの世論誘導、中国・韓国問題、等々すべてはGHQ連合国軍最高司令官総司令部)のWGIPWar Guilt Information Program)と言う占領政策に行き当たります。マッカーサーですね。

 

ここが始点かと言うとそうではありません。

 

さらに遡ると大金持ちに行き着きます。今で言うディープステート、国際金融資本などと呼ばれる人たちです。

現在、アメリカで起きている暴動、アンティファやBLMなどの先導者はジョージソロスと中国共産党と言われています。

ジョージソロスと言う名はアジア通貨危機の時に聞いた事があると思います。とにかく大金持ちです。中国共産党も金で世論を動かそうとします。先日トランプ大統領が中国領事館の閉鎖を命令しましたね。騒動を起こして選挙でトランプ大統領を落とす作戦でしょう。

中国共産党も実は国際金融機関が作ったと言われています。実際に作ったのはコミンテルン国際共産主義運動の指導組織)だそうですが、そこへ資金を提供したのが国際金融資本だと言う事です。

話はそれますが、地球温暖化問題で二酸化炭素がーと叫んでいた外人の女の子。あの子もアンティファのTシャツを着ている写真がネットに上げっています。野党の街宣の後ろにアンティファの旗があったり。

 

ディープステートはいろんな場所に資金を出し、問題を起こし、株価を操作しているのでしょう。もちろん金儲けのために。また企業価値を落とし、安く買い、技術を奪い取る事も。

 

それは今に始まったことではなく、ずっと昔から続けられている手法なんです。

 

さて、そろそろこの名前を出さなければなりません。

それはロスチャイルドです。

この名を出すと「都市伝説だろ」「陰謀論だ」などと言う声が聞こえてきそうですが、ちゃんとした歴史なんです。

国際金融資本の総本山とでも言おうか、とにかく圧倒的な資金力と権力を持った人たちなんです。

 

ロスチャイルドの名を出すと次に言わねばならないのはユダヤです。

何故ユダヤ

これも追々話さねばなりません。

 

ちょっと日本の現状から離れてしまいますが、次回はユダヤのお話をしたいと思います。

って、隠居はまったく専門家ではありませんので、本当のところはわかりません。

 

ネットにいろいろと情報がありますので調べて見てください。

 

でも、ウソもたくさんあるので気を付けて。池上〇彰は真実80%に印象操作20%を混ぜてきますので要注意です。池上〇彰への反論動画もたくさんありますので、見比べると理解が深まるかも。

またYouTube大〇学なんて言うのもその子分臭いので気を付けてね。

 

では、今日はこの辺で。