隠居の妄想窟

隠居がいろいろと妄想します。あくまで妄想なので信じないように。

反日企業の商品は買わない!

以下は隠居の妄想です。

 

昨日、中国進出企業が結果的に日本を貶めていると書き込みました。

経団連が親中議員を作り出し日本をダメにしていると。

それに加えて中国で生産した物を世界へ輸出し、金を中共へ運ぶ。企業の税金はもちろん従業員の税金も中共の懐へ。

この金が世界を侵略し民主主義を破壊している。

尖閣へやってくる中国公船の費用はもちろん、北海道や新潟などの土地の買占め、反日団体の工作資金になっているかもしれない。

中国進出日本企業は中国で稼いだ金をほとんど日本へ持ち帰られないらしい。当然その分は日本で税金を払うことは無い。日本の雇用を拡大する事は無く、逆に縮小させている。

そして、中国で稼いだ金は持ち出しできないので、中国に再投資する事になる。そして生産を拡大し、さらに世界を圧迫する。

これが中国進出日本企業の実態である。

一部、中国撤退を決意した企業もあるが、政府の援助にも耳を貸さず、突き進んでいる企業も多い。

その企業の経営者は「中国でうまくやっているから口出しするな!」と言っているらしい。

もちろん簡単には中国撤退出来ないのだろう。

だが、社会制度の違う国へ進出を決めたのは企業の経営者である事を忘れてはいけない。

 

もう中国進出日本企業を日本企業と見る必要は無いのではないか?

もちろん、そこで働く日本人には辛い事だとは思うが、何が一番大切かを考えて欲しい。

 

と言う事で隠居は中国進出日本企業の製品を出来るだけ買わない事にします。

日本企業、特に中小企業の製品を購入します。

車や家電など純粋な日本製が無い物は中古品を買います。

中古品なら海外へお金はほとんど流れません。

 

これは中国だけではありません。

他の反日国も同様です。それらの企業も買いません。

韓国とか、韓国とか、韓国とか。

 

大企業はすでに株主のための企業となっており、日本人を安く使う事に専念しています。いずれその報いを受ける事になるでしょう。

この件に関しては次回に。

 

ではでは。