隠居の雄叫び 【提灯持ち党】

隠居が日頃考えている事

コロナ後はどうなるか?

政府も役人も多くの医者も本当の事を言いません。

世界中でワクチンの危険性が叫ばれているのに。

何の説明もなく、治療薬も承認せず、ただワクチンワクチンと言うだけ。

もう接種実績が2000万人を超えました。

 

とにかく、家族や仲間を守りましょう。もちろん自分も。

声をあげましょう。

 

でも、もう止める事は難しい。

高齢者を中心に日本人の半数は接種するのではないでしょうか?

数年後、どうなるのか?

 

もし、叫ばれている危険が現実化したら。

 

以下、隠居の妄想です。

 

1、高齢者人口が減る。

 ・ 地方議会で支持構造が大きく変化する。議員の入れ替えが可能となる。

 ・ ゆうちょ、JAバンクなどの預貯金が相続者へ移動する。

 ・ 不動産・農地が売りに出される。(特に高齢者が多い地方で)

2、医療関係者が減り、医療がひっ迫する。

3、免疫不全により病弱な人が増える。

 

2、3、はかなり大きな問題だが、1、は放っておくと大変な事になる。これを利用とする輩が必ず出てくる。それは日本の解体に繋がる。

逆を言えば、この機会を利用するしかない。

地方議会へ心ある議員を送り、全国ネットで日本を良い方向へ。

相続者へ流れたお金・土地を移住で地方へ。

まだまだいろいろある。でも、一番大切なのは有権者が選挙へちゃんと行く事。

「選挙へ行っても何も変わらない」そういう時代が終わります。

ただ、既得権益者がそれを防ぐ立法を行うかも。この時民主主義は終わります。

 

しっかり前を見据えて進みましょう。